ロイヤルティークリニック構築コンサルティング

スタッフから愛され、オーナー様から信頼される動物病院となり
安定的成長を実現する!

マーケティングや営業手法で売上を伸ばしている動物病院はありますが、それは一過性に過ぎません。 永続的かつ着実に病院経営を行っていくためには、動物病院における本質的な課題を解決していく必要があります。 スタッフ数、売上規模にかかわらず動物病院の院長には共通した悩みがあります。 それは組織と人材の問題であり、これが動物病院における本質的な課題です。

動物病院ミーティング

野崎大輔講演

戦国時代の名武将であった武田信玄は「人は石垣、人は城、人は堀」、松下電器産業(現パナソニック) 創業者の松下幸之助氏は「事業は人なり」と言っており、事業を行う上では人材育成が重要な経営課題です。 スタッフの離職率の高さ、労働問題の発生、人がなかなか育たないと悩んでいる動物病院の院長が多い中、院長とスタッフが良き信頼関係を築き、スタッフは辞めずに自律した人材に育ち、労働問題と無縁で売上が順調に推移している動物病院があります。

このようにスタッフが病院を好きになり、仕事にやりがいを持ち、サービスが向上することでオーナー様からの信頼が厚く、紹介や口コミで来院数が増えることで着実に売上が伸びていく動物病院を「ロイヤルティークリニック」といいます。  ロイヤルティークリニックを築くためには押さえるべき3つの重要ポイントがあります。 それは組織風土、教育体制、職場改善です。この3つがシナジー効果を生み出してロイヤルティークリニックへと変革し、院長が理想とする 病院の実現を支援していきます。

野崎大輔講演

詳細ページへ

お問い合わせ

コラム

動物病院の人間関係

2018年08月19日

第5回 動物病院でクレドを作っても上手くいかないワケ

 今から7年前くらいはクレドが注目されました。 元リッツ・カールトンホテルの日本支社長の高野登氏が『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』(かん…

病院スタッフ

2018年08月19日

第4回 病院を発展させるために必要な危機意識の醸成

 動物病院にはそのステージにあった課題があります。 開業間もない時は集客だと思います。 だんだんお客様が増えてきてスタッフを少しずつ採用しはじめたら、新たな課題…

動物病院の人間関係

2018年08月19日

第3回 スタッフが自律するための第一歩は「率先垂範」

 院長の悩みの3大悩みの1つはスタッフの育成です。 多くの院長が理想とするスタッフ像は、自分で考えて行動できる自律型人材です。 ちなみに「じりつ」は自立と自律が…

動物病院の人間関係

2018年08月19日

第2回 院長には絶対言わないスタッフが辞める理由のトップは●●●●

動物病院においてスタッフが辞める一番の理由は何でしょうか。 給料?労働条件?仕事内容?・・・  答えは人間関係です。辞める時に「人間関係が理由で辞めます」と院長…