動物病院のロイヤルティークリニック構築コンサルティング

理想とする良い動物病院を実現したい院長の皆様へ

多くの動物病院の院長が抱えている組織と人材の悩みを解決することができれば、ロイヤルティークリニックへと着実に成長していくことができます。

しかしながら動物病院の組織風土の醸成と人材育成について精通し、実際に変革した実績を持つプロフェショナルは少ないのが現状です。

弊社のコンサルティングは机上の空論ではなく、現実的かつ根本的な解決策を提示し、院長のパートナーとして病院を変革していきます。
現状に満足せず、さらに上のステージへ飛躍したいとお考えの院長は是非お申込みください!

お薦め対象

  • 自分の理想とする病院を実現したい院長
  • 現状に甘んずることなく、さらに良い病院にしたいと考えている院長
  • 売上は順調に推移しているものの、ヒトの問題で課題を抱えている院長
  • スタッフ数10名未満の病院を大規模に成長させたい院長
  • 院長が不在でもまわる病院にしたい院長

コンサルティングの特徴

弊社は動物病院経営で重要な組織と人材といったソフト面の設計と構築を行っています。

例えるならば組織人材の建築会社です。

動物病院は建物と医療機器のハードと組織と人材のソフトで成り立っています。
立派な病院の建築と高価な医療機器は資金さえ用意できれば可能ですが、人材は育つ土壌と仕組みがなければ育ちません。

動物病院経営において最も重要な経営資源は人材です。
どんなに高価な医療機器を持っていたとしても、それを使うのは人です。

獣医師の手術や治療、看護師の受付対応や接遇、トリマーのトリミングなどこれらのサービスも人がカギとなります。利益を産みだす源泉は人材なのです。

本コンサルティングでは、プレミアムな動物病院としてロイヤルティークリニックへと変革させるために経営の根幹となる組織と人材にフォーカスし、一番重要だけれど、一番難しい経営課題に取り組んでいきます。

院長が視点を変えていくことで、スタッフに対する指示の仕方や取り組みが変わり、病院は着実に成長していきます。弊社は院長とともに理想の病院を実現するための戦略を考え、スタッフに戦術が実行できるように社外の人材開発部門として継続的支援を行っていきます。

病院の課題を解決していくことで①スタッフの育成、②定着率の向上、③業績の向上を実現する1アクション3ゴールにより、限られた時間で良い成果を出します。 

そのために弊社は5大方針を掲げ取り組んでいきます。

コンサルティングの5大方針

弊社のコンサルティングの基本方針は、以下の5つとなります。
病院にとって良い成果を出すために導き出された方針です。

1. 自院の課題を自院のスタッフが解決する

通常コンサルティングであれば外部のコンサルタントが病院の課題を解決します。
しかしそれでは真の解決とは言えません。

「自院の課題は自院で解決する」が本来のあるべき姿です。
「スタッフが病院の課題を抽出し、自分達で解決する」
これを実現するためには「教えないで教える」ことが大事です。

弊社は動物病院が抱える課題をダイレクトに解決するのではなく、スタッフが解決できるように導きます。

2.教えないで教える

一般的にコンサルティングというとコンサルタントが答えを教えます。
答えを教えると人は考えなくなります。

スタッフを自律させるには、まず考える習慣をつけさせることが大事です。

課題を解決するためにヒントや質問を投げかけて自分達で解決できるように

導いていくことが「教えないで教える」ということです。

物事を解決するにあたって必要な考え方、原理原則といった基本事項を教え、

自分達で解決できる力を身につけられるように支援していきます。

3.自分達が考えて作る

コンサルティングを進めていく過程で、製作物は自分達で考え、作成してもらいます。

自院に合ったものを作るには外部からもらったものではなく、自分達で作成した方が実用性はあります。

※   製作物の例は行動指針、評価項目、チェックリスト、キャリアパスなど

4.カリキュラム、テキストはない

会社で今起きていること、やらなければならないことは日々変化するわけでそれを読み取ってやるから既に用意されているモノが使えることは少ないでしょう。病院によって起きている問題は異なります。

他の病院と同じ問題だったとしても病院の風土、人材のレベルによって解決策は異なります。

したがって予めしっかりと決まったカリキュラム、テキストに基づいてコンサルティングを実施するのは適切な内容とは言えません。

全く何もないということではなく、コンサルティングの方向性、原理原則の軸はあり、それらに基づいて病院の状況に応じて最適な対応をしていきます。

5.講義ではなく会議

一方的にコンサルタントは教える講義や研修形式ではなく、参加者全員で考え、解決策を見出すミーティングのような形式で進めていきます。

こうすることで日常の社内会議の活性化、会議の進め方も覚えていきます。
スタッフが成長していったらコンサルタントの代わりにスタッフに場を仕切ってもらいます。

個別コンサルティングについて

ロイヤルティークリニックを築くために、絶対に必要なスタッフが育つ仕組みと組織風土の醸成を構築していきます。個別コンサルティングによってスタッフの定着率は向上し、院長は病院経営やご自身のやりたいことに専念することができるようになります。

ロイヤルティークリニックへと変革することで飼い主様の来院数も増加し、安定的に業績も向上していきます。

 小規模の動物病院は中規模へ、中規模の動物病院は大規模へ、大規模の病院は盤石な体制を築き業界を代表する病院へと成長していくでしょう。

下記の7項目を院長の要望、病院の状況、スタッフのレベル等を総合的に勘案し、それぞれの病院にあった最適な進め方でコンサルティングを実施していきます。

1. 院長が理想とする病院コンセプトの構想設計

コンサルティングを開始するにあたり、院長が理想とする病院像、理想とするスタッフ像などを一緒に整理していきます。
良い動物病院を築くために必要な院長の言動、考え方もお伝えしていきます。

  • 理想とする病院を築くためのV.S.O.Pの設定
  • 病院経営の根幹となる病院理念、ビジョンの整理
  • 病院を成長させるために必要な組織風土と人材育成の院長の実務
  • 2億円以上の病院に成長させる院長のアクションプラン
  • 院長業務とプライベートのバランスの取り方

2. 院長とスタッフが感じている病院の課題の見える化

院長とスタッフのそれぞれに病院の現在の状況を確認していきます。
変革を行うにあたって一番重要なのは「今の状態を知る」ことです。
課題を明確化することによってやるべきことが見えてきます。

  • 成長する病院のステージごとに現れる問題の予見
  • 現状におけるスタッフの成長レベルの確認
  • 病院の成長を阻む本質的な問題の分析
  • スタッフが考えている病院の理想像の確認
  • 院長とスタッフが考えている病院の理想とギャップの整理

3. 変革の基礎となる方針の浸透と職場における価値観の共有

院長の想いや病院理念がスタッフに浸透しているかどうかということは病院の発展に大きな影響を及ぼします。病院のことを知り、一緒に働く仲間のことを理解し、変革の土台を築いていきます。

  • 病院理念の浸透とビジョンの共有
  • 自院の強みとアピールポイントの設定
  • 自己の価値観の内省とお互いの価値観の共有
  • 仕事をする上で指標となる病院理念にそったクレドの策定
  • スタッフの行動を磨き上げるクレドの定着

4. 病院を変革するリーダー(獣医師・看護師・トリマー)の育成

管理職の育成を行っている動物病院は少ないですが、規模が大きくなっていくと、管理職の存在が重要になります。本当の意味で管理職の役割を担うことができる人材を育てることで院内の活性化、人材育成をより早く進めることができます。

  • オリジナルリーダーシップの確立
  • 自律したスタッフに育てる育成方法
  • スタッフを伸ばす面談の実施方法
  • 組織力を高める管理職の役割の理解と求められる行動
  • 管理職に必要な嫌われる勇気と信頼関係

5. スタッフが成長する人材育成基礎工事とムードビルディング

人が育つ土壌を作っていきます。自院で働くにあたって求められる仕事に取り組む姿、と行動といった基本的なことを全員で共有します。当たり前のことだが、やっていないことといったことを習慣化できるようにしていきます。

  • 仕事をする上で必要な人間基礎力の明確化
  • 自律型専門職のベースとなる人間基礎力の凡事徹底
  • 良き組織風土を醸成する3ステップ
  • ハイパフォーマンスを発揮する個の強みの活かし方
  • 月間目標管理の遂行と徹底

 

動物病院の職員
動物病院の職員
動物病院の職員

6. スタッフ主導による職場活性改善の実施

病院内の業務の見直しなどを行うと同時に働きやすい環境作りを行います。
スタッフが主導で行うことで、職場の不満要因が解消され、働きやすい環境へと変わるため長く働ける病院へと変わっていきます。

  • 院内業務のスクラップアンドビルド
  • 飼い主様が行きたくなる病院サービスの向上
  • 業務の標準化、業務プロセスの見える化、マニュアルの整備
  • やりがいを持ち長く働きたい職場のイメージ形成
  • 職場改善のPDCAサイクルの定着

7. 自律型専門職が育つ仕組みの構築

理想とするスタッフが育つための仕組みを構築していきます。
育成には個々の能力や意識を高めることと仕組みが必要となります。
自院にあった制度をスタッフと考え構築していきます。

  • 自院におけるプロフェッショナルの定義の明確化
  • 専門性を高めるキャリアパスの構築
  • 新人スタッフの育成プランの設計
  • 職種ごとのオリジナル教育体系の構築
  • スタッフのやる気を高める表彰制度とレクリエーション

独自のコンサルティング付帯サービス

弊社のコンサルティングをお申込みの動物病院は下記の付帯サービスも行っております。

その1.モデル病院への外部実習制度

弊社が支援している動物病院間で実際の現場の見学を行っております。
良い取り組みをしている動物病院をご提案し、ご要望があればおつなぎします。
受入れ側と見学する側の双方でスケジュールを調整し、スタッフが他の病院を1日体験します。
他の病院を見ることで、良い点を自院に取り入れて改善するヒントを得たり、他の病院のスタッフを見ることで自分の働く姿勢を見直すきっかけにもなります。
見学の受け入れをする病院は見られることによってハリが生まれ、良い意味で緊張感を持つことができます。見学の前提はお手本となる良い病院なので、自信と誇りも持てます。

その2.労働問題の相談

弊社の代表の野崎は組織風土の醸成と人材育成のコンサルティングだけでなく、社会保険労務士として労働問題にも精通しており、様々な労働問題に対応し解決してきました。組織改革や人材育成の専門コンサルティング会社で労働問題まで対応できる会社はありません。
動物病院業界では労働問題が多く、どうすればいいのか悩んでいる院長が多いです。
通常は社会保険労務士として労働相談顧問の有料サービスをコンサルティング実施期間中は無料でご利用いただくことができます。
不安な点は遠慮なく早めにご相談ください。

コンサルティング概要

契約内容

コンサルティング名:動物病院のロイヤルティークリニック構築コンサルティング

1回の訪問につき2時間から3時間、12ヶ月を目安とした基本プログラムとなります。
病院の状況や成長ステージに合わせて最適な進め方をしていきます。

対象

お伝えする内容、実施していただくことがそれぞれ異なるため基本的にコンサルティングは階層別に実施していきます。
経営層は最初に重点的に行っていき、その後は病院の状況によって進め方は考えていきます。

  • 経営層 (院長、副院長)
  • 管理職 (獣医師長、看護師長、トリマー長)
  • スタッフ(獣医師、看護師、トリマー)

場所

弊社が訪問し、病院にて実施していきます。
ホワイトボードのみご用意ください。

料金

200万円(税別)~/1年 別途旅費交通費

開始から2ヶ月間は25万円(税別)~/月、3ヶ月目から12ヶ月は15万円(税別)~/月 をお支払い頂きます。

個別相談(初回限定)

院長のご要望、現状の課題の明確化、コンサルティング内容などのご相談を承ります。

場所

弊社または訪問

料金

時間:1時間半から2時間

金額:3万円(税別)

対象

院長  ※ 副院長の同席も可

内容

  • 現状の課題の整理
  • コンサルティングの概要説明
  • 他の動物病院の事例の説明

 

動物病院の職員研修
動物病院の職員研修
動物病院の職員研修

コンサルティングのお申込み

コンサルティングの導入をご希望される方へ

お申込みの前に有料の個別相談またはセミナーの受講をお勧めします。

現状の課題の整理、院長のお考えとご希望の確認、弊社の基本スタンスについてご説明させて頂きます。

院長ご自身のお考えと弊社のコンサルティング内容がマッチするとコンサルティングによって良い効果を生み出すことができます。
ご納得の上でお申込み下さい。

お申込みフォームに必要事項ならびに現状の課題などをご記入下さい。
5日以内にメールにてご連絡させて頂きます。

コンサルティング個別相談申し込みフォーム







 



 

 

 

 

お問い合わせ